OracleのHurd:世界は「データに溺れている」、過負荷の警告

次のジェームズ・ボンド・フィルムがコーナーを巡って、おそらく英国のスパイは世界の最新の問題に取り組むことに集中するでしょう。それはデータに溺れてしまいます。

オラクル社のマーク・ハード社長によると、企業や企業にデータを提供するデバイスの数は、この10年の終わりには500億に急増するだろう。

ハールド氏はロンドンのタイムズ紙に次のように述べています。「データは指数関数的に増加しており、場合によっては年間35〜40%も増加しています。これは顧客にとって大きな問題と大きな経済的圧力を引き起こしています。コストを削減しながら革新を起こしています。

ハルド氏によると、世界は過去7年間で8倍に膨れ上がった膨大な量のデータに「溺れている」と言われ、企業はスペースを使い果たしてそのすべてを保管しているという。 90億を超える既存のデバイスがインターネットに接続されているため、大量のデータを保存することに対処するために、企業は苦労しています。

膨大な量のデータを安全に保管できるという懸念が高まっていることを指摘し、ストレージの容量を増やす必要があるだけでなく、また、データ処理やリアルタイム分析を通じて膨大な量のデータを処理することが問題になっています。

これは、オラクルが自社のクラウド・コンピューティング・サービスをエンタープライズに押し進め続けている中で、すでに活況を呈している6万人のグローバル従業員プールに3,000人以上の営業員を採用したことによるものです。

ハルド氏はまた、競争がオラクルに牽引されていることは “笑い声”だと述べた。

 Oracle OpenWorld 2012のウェブサイトから

オラクル、クラウドベースの倉庫管理用のLogFireを取得

Oracle OpenWorldに目を向けよう

オラクルのデータベース12c R2:ブーム、バスト、またはmehアップグレードサイクル

「Oracle NetSuiteの合併中に利益を得ることを目指す中期的な市場の勢いを掴む

OracleのHurdは、裁判所を守っています:OracleのHurdは全体的戦略を概説しています:CIOは噛み付きますか?Oracleはクラウドサービスを拡張し、世界初のマルチテナントデータベースを発表しました。エリソンはパブリッククラウドパートナープログラムを発表し、オールオラクルのクラウドにスポットを当てる

ビッグデータ分析、Oracleは、クラウドベースの倉庫管理用のLogFire、エンタープライズソフトウェア、アイ・オブ・オアアール・オープンワールド:エンタープライズソフトウェア、エンタープライズソフトウェア、Oracleデータベース12c R2:ブーム、バスト、またはメッシュアップグレードサイクル、クラウド、市場の勢いは、Oracle-NetSuiteの合併中に獲得することを目指す