Lenovo、火災の危険があるThinkPadバッテリーの世界的リコールを開始

LenovoはいくつかのThinkPadモデルからリチウムイオン電池を世界中でリコールし始めており、火災の危険性があると指摘しています。

ハードウェア、レノボは、Microsoft OfficeとSkype、PCでAndroidを盛り上げる?Lenovoは1月17日の売上減の6%、モビリティ、Moto Z Force Droidエディションレビュー:Shatterproofディスプレイ、バッテリー持続時間、機能モジュール設計

Lenovoはバッテリーパックの過熱による北米での2件の報告書に続いて、バッテリ自体、それを保有するコンピュータ、近くの財産に損害を与えたとの報告を受け、昨日バッテリリコールを開始したと米国消費者製品安全委員会(CSPC)

Lenovoによると、問題のバッテリーは、2010年10月から2011年4月までの間、さまざまなThinkPadノートブック・モデルに搭載されたいくつかの国で出荷されました。バッテリーはスペアパーツとして別売されています。

ThinkPad T410、T420、T510、W510、X100E、X120E、X200、X201、X201sシリーズ、およびEdge 11、Edge 13、およびEdge 14シリーズのバッテリーを交換用バッテリーで、または交換用バッテリーとして販売しています。

Lenovoは、保証状況にかかわらずバッテリーを無料で交換することを提案しています。

「交換用のバッテリが到着するまでは、システムの電源を切ってバッテリを取り外し、ACアダプタと電源コードを差し込んでThinkPadの電源を入れるだけです」とLenovoは警告しました。

CSPCによると、米国では約34,500台が出荷され、カナダでは2,900台が出荷された。新華社通信局によると、中国の品質監督管理検疫総監は117,732台のバッテリーを回収すると述べた。

電池は別途80ドルから150ドルで販売された。バッテリーパックのバーコードの下の白いステッカーでチェックするモデル番号は、42T4695,42T4711,42T4798,42T4804,42T4812,42T4822,42T4828,42T4834,42T4840,42T4890です。

Lenovo、2-in-1タブレット・ヨガ・ブック、ヨガ910コンバーチブル・ラップトップを搭載したPCを提供

Lenovo、Microsoft OfficeとSkypeでAndroidを盛り上げる

?レノボは、1Q17の6%の減収

Moto Z Force Droidエディションレビュー:飛散防止表示、バッテリー持続、機能モジュール設計