Lenovoは:中国のスマートフォンの利益は、新興市場の資金を押し込むためにプッシュ

中国でのレノボ・グループのスマートフォン事業は、すぐに第1の利益を上げ、新興市場への携帯電話の投入を可能にする。

ハードウェア、レノボは、Microsoft OfficeとSkype、PCでAndroidを盛り上げる?Lenovoは1月17日の売上減の6%、モビリティ、Moto Z Force Droidエディションレビュー:Shatterproofディスプレイ、バッテリー持続時間、機能モジュール設計

同社のヤン・ユアンチン最高経営責任者(CEO)は、ブルームバーグに対し、金曜日のインタビューで、中国のスマートフォン市場ですぐに収益を上げ、絶対利益だけでなく税引前利益率も改善すると述べた。

Lenovoが2010年に中国で最初のタッチスクリーン・ハンドセットを導入し、過去6ヶ月間にインド、インドネシア、ベトナム、フィリピンへの販売を拡大したことで、同社は次の3年間で税引前利益を1% 9月期の2.4%から3%超に増加した。

ヤン氏は、「新しい分野に投資しなければならないが、同時に利益成長も管理しなければならない」と述べた。

ヤン氏は、同社がスマートフォンやタブレットコンピュータなどのモバイル機器でPCの支配的な地位を占めることを計画していると付け加えた。同社が中国のスマートフォンなど既存のビジネスを改善できない場合、新興市場のスマートフォンなどの新しい分野に投資することはできないと同氏は述べた。

週末には中国のPCメーカーに報告され、レノボ・ビジネス・グループとシンク・ビジネス・グループの2つのビジネス・グループに再編され、主流とハイエンドのセグメントを効率的にターゲットとした。

ガートナーの数字によると、中国のPCメーカーは、2012年第3四半期にヒューレット・パッカードのPCメーカー1位を獲得した。しかし、調査会社のIDCは、Lenovoがまだ2番目であると言って意見を異にした。

Lenovo、2-in-1タブレット・ヨガ・ブック、ヨガ910コンバーチブル・ラップトップを搭載したPCを提供

Lenovo、Microsoft OfficeとSkypeでAndroidを盛り上げる

?レノボは、1Q17の6%の減収

Moto Z Force Droidエディションレビュー:飛散防止表示、バッテリー持続、機能モジュール設計