シンガポールの投資家がIoT企業に$ 45Mの資金を提供

米国を拠点とするIoT(Internet of Things)のグリーンウェイブシステムズ(Greenwave Systems)は、シリーズCで4500万ドルを確保し、シンガポールの投資家からほとんどの資金を調達した。

エコノミック・デベロップメント・ボードの投資拠点EDBIとシンガポール・テクノロジー・テレメディア(STT)が資金調達を率い、後者が資金調達の大部分を占めた。 Greenwaveは声明で、Westley GroupとE.ONを含む既存の投資家も最新のエクササイズに参加したと述べた。

さらに、IoTベンダーは、事業開発公社(Business Development Corporation of America)からメザニン・ファイナンスでさらに1500万ドルを調達し、この総額から6000万ドルを調達しました。

Greenwaveは、最新の資金注入は、グローバルな拡大を推進し、 “戦略的投資”のための成長資本を提供するために使用されると述べた。同社のポートフォリオは、M2M(machine-to-machine)製品のモバイルインフラストラクチャーを含むように拡大する予定である。

ベンダーの製品には現在、IoTシステム、ルータ、ビデオ、およびワイヤレスデバイスを管理するAxonプラットフォームが含まれています。

EDBIのCEO、チュ・スイヨク会長は、グリーンウェイブの市場再生がシンガポールのスマートな国家イニシアチブを支持し、アジアの成長計画は地元の人材プールとエコシステムを「産業、医療、サービスなどの新しいソリューションを共同創造する」ことを指摘した。

2015年1月のGreenwaveは、IoT技術に焦点を当ててシンガポールに研究開発施設を開設し、現地のチームを約120名の従業員に拡大すると発表しました。同社は韓国とデンマークにもオフィスを構えています。

クラウドソフトウェアメーカークーパ、7500万ドルの株式公開

クラウドコンピューティングの成長

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

Twilio、新しいエンタープライズプランを発表

インドの反基本的な経済対策:Marc AndreessenはTwitterの騒動に悩まされている; LG PayはMWCでノーショーになる:Report; Singtelは純利益をSG $ 16M縮小する; FacebookはインドのFree Basicsプロジェクトを撤回する; Samsungは韓国の公共安全ネットワーク

クラウド、クラウドコンピューティングのクーパ、7500万ドルのIPO、クラウド、クラウドコンピューティングが1つずつAPI、エンタープライズソフトウェア、スイートSUSE! HPEはLinuxディストリビューションを曇らせ、Cloud、Twilioは新しいエンタープライズプランを展開してより敏捷性を約束