インテルのウルトラブック・プッシュは、

インテルは、そのウルトラブック・プッシュについて、そのチップ開発方式を頭でつけ、人々がデバイス上でやりたいことにもっと注意を払っている。

IntelのPCクライアント・グループのゼネラルマネージャであるMooly Eden氏は、サンフランシスコのIntel Developer Forumで基調講演を行った。

マイクロソフトの設計者は、インテルの私たちにとって、マイクロソフトの設計担当者でした。マイクロプロセッサの上にオペレーティングシステムを配置し、開発者がアプリケーションを開発するために市場に投入しました。

Intelはultrabooksを使って、この式を頭に入れ、「ユーザーが望んでいるもの」を見て設計プロセスを開始したという。 “そして、ソフトウェアを実現するために必要なソフトウェアが何であるかを尋ね、マイクロプロセッサを設計します。

VMwareは、デバイスではなくユーザにアプリケーションを結びつけるテクノロジーを開発していますが、IBMはハードウェア会社としての価値は低く、ソリューションビジネス – 顧客の周りの技術を手がけているものではなく、他の方法で実現するもの。

Intel LabsのディレクターJustin Rattnerは、「Intelの研究を行っている民族学者や社会人類学者はすべて、直接的な影響を与えている」と語った。

「現時点では、インテルのデザインチームは、デザイン練習を考え直さず、より多くの経験を積み重ねることができます」と彼は付け加えました。

インテルは消費者を誘惑するために、チップのフィードとスピードを向上させるために、ユーザーエクスペリエンスを最優先事項として扱わなければならないという。

プロセッサー、4K UHDを普及させるための第7世代プロセッサーの発売、プロセッサー、ビジョンとニューラルネットによるより強力なチップの需要の推進、データセンター、NVIDIAの仮想GPU監視、分析、ハードウェア、AMDのZen

ITマネージャーは、脳から消費者、心臓から消費者を購入する」と語った。消費者は「インテルのソリューションを愛する」必要がある。

エフェン氏は、インテルの今後のアイビー・ブリッジとハスウェル・プロセッサーは、プラットフォームの低消費電力ニーズにも対応できるように開発されていると指摘している。エデン氏は、ウルトラブックの開発とそれをサポートするコンポーネントエコシステムの開発に3億ドル(190百万ポンド)

アイビー・ブリッジに現れる新しい省電力機能を詳述する前に、電力効率が重要となった、と彼は述べた。

「Ivy Bridgeでは、ポリシーに基づいて割り込みを動的にルーティングできるため、電力を節約したい場合は、実際には目を覚ましているコアにルーティングすることができます。

彼は、USBインターフェイスはプロセッサを最大で毎秒3000回呼び出すと述べていますが、通常は毎回同じコアに移動します。コアがアイドル状態の場合、中断されてコアがオンになり、電力が消費されます。 Ivy Bridgeテクノロジにより、すでにアクティブなコアに割り込みをルーティングし、電力を節約できます。

Ivy Bridgeは、低消費電力のDDR3 RAMという先進のSandy Bridgeではサポートされていない別の省電力機能もサポートします。真に “バランスのとれた”プロセッサーを生み出すために、Sandy Bridgeよりも優れたグラフィック機能を備えているという。

Ivy Bridgeは2012年前半に登場する予定です.Edenは、Compaq、Pegatron、Foxconn、Quanta、Inventecの6つのプリプロダクションウルトラブックにチップを内蔵しています。

アイビー・ブリッジがハズウェルになった後、エデンは「ウルトラブック変換を完了する」と言った。 Haswellは、2013年に22nmトライゲートプロセスで導入される予定で、翌年に14nmに移行する必要があります。

“[ハズウェルと一緒に]私たちはパーソナルを「PC」に入れ、「C」は創造性と消費のために立つだろう」とエデンは語った。その後、彼はHaswell CPUを使い果たしていたデスクトップコンピュータを示しました。 Edenはチップについて詳しくは述べなかった。

インテルの最高経営責任者(CEO)、ポール・オッテリーニ氏は、ハズウェル氏は、「終日」のバッテリ寿命とスタンバイ・モードで最大10時間まで対応できると述べた。

インテル、4K UHDを大衆に押しつける第7世代プロセッサを発表

ビジョンとニューラルネットがより強力なチップの需要を押し上げる

NVIDIA、仮想GPU監視、分析を開始

AMD、IntelとZenの優位性を打ち消す