物事と大きなデータのインターネット:力のロック解除

近年の「話題のインターネット」(IoT)と「ビッグデータ」は、最近話題になっている2つの技術トピックの1つで、アナリスト企業Gartnerの最新のHype Cycle for Emergingテクノロジー

ガートナーの2014年のハイパー・サイクル

IoTは、誇大宣伝を見逃してしまった場合、幅広い種類の「もの」に接続されたインターネット接続センサーの急速に成長しているコンステレーションです。センサは、さまざまな測定が可能で、インターネット接続は有線または無線で接続できますが、「物事」は文字通りセンサを取り付けたり埋め込んだりすることができます。たとえば、スマートフォンを携帯すると、マルチセンサーの「もの」になり、日々の活動の多くを追跡し、分析し、行動することができます。

一方、ビッグデータは、ボリューム、バラエティ、速度、真実性の4つの特徴を持っています。つまり、大量のデータは大量(ボリューム)になり、構造化されていない情報(バラエティ)が混在しており、リアルタイム(しばしばリアルタイム)(速度)に到達し、不確実な起源(真実性)になる可能性があります。このような情報は、従来のSQL照会リレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)を使用した処理には適していません。その理由は、ApacheのオープンソースHadoop分散データ処理システムに加えて、さまざまなNoSQLデータベースやビジネスインテリジェンスプラットフォーム – この市場に対応するために進化しました。

IoTと大きなデータは密接に関連しています。インターネットに接続された数十億のものは、定義上、大量のデータを生成します。しかし、それ自体が、別の産業革命を導くことなく、日々のデジタル生活を変えたり、地球を節約する早期警告システムを提供したりすることはありません。 EMCとIDCが最新のデジタルユニバースレポートで指摘しているように、組織は、(1)アクセスしやすく、(2)リアルタイムで利用可能であり、(3) (4)適切な分析とフォローアップ活動があれば、有意義な変化に影響を与える可能性があります。

このような実用的なデータは、「デジタル宇宙」のサイズとインターネットに接続された「もの」の数を見れば、思っているよりもずっと少なくなります。

近年急速に普及しているのは、低コストで低消費電力のセンサー技術、幅広い無線接続、大量の利用可能な手頃な価格(大部分はクラウドベース)のストレージと計算能力、そしてIPv6プロトコル(2 ^ 128アドレス、IPv4の場合2 ^ 32)の恩恵を受けています。

インターネット接続されたオブジェクトの現在お​​よび将来の数の見積もりおよび予測は、使用される定義および推測と予測を行っている人の楽観主義に応じて異なります。最もよく知られている数字は、シスコのもので、現在の(2015年2月の)数字は約148億で、予想される数字は2020年には約500億(推定1.8兆の潜在的に接続可能な「もの」の2.77パーセント)

シスコ

EMCとIDCは、2020年のIoT人口を320億人に、Gartnerの人件費を260億人にする一方で、より保守的な人物です。

IoTデバイスが写真に入る前から、データは真剣に「大きく」なっていました。 EMCとIDCは、2007年以来、「デジタルユニバース」(DU)のサイズを追跡しています(DUは、1年間に作成、複製、および消費されるすべてのデジタルデータです)。 2012年にEMCとIDCは、DUが2年ごとに倍増して2020年までに40ゼタバイト(ZB)に達すると予測しました。これは44ZB(44兆ギガバイト)まで上方修正されて以来です。天文学の数字にはおそらく天文学的な図が必要なのかもしれません。それは、EMC / IDCが地球から月に到達する128GBのiPad Airタブレットの6.6スタックとして44ZBを描いた理由かもしれません。 2013年のDUの見積もりは4.4ZB(またはiPadの1つのスタックが月の3分の2に達する)でした。

2013年4.4ZB DUの見積もりは、消費者によって生成される2.9ZBと、企業によって生成される1.5ZBに分解されます。しかし、消費者部分の0.6ZB(15%)のみが何らかの方法で企業に触れられておらず、企業は世界の大部分のデータ(2013年には約3.8ZB)に責任を負っている。上記のように、EMCとIDCは、IoTが2020年までに320億個の接続デバイスに拡大すると予測しており、DUの10%に寄与する(2013年には2%増)。地理的には、EMCとIDCは2013年にDUの60%を占める成熟市場から、2020年に同様の割合を生み出す新興市場にバランスが変化すると予測しています。変曲点は2016 / 17。

冷蔵庫はITセキュリティの脅威ではありません。産業センサは(Websense);物事のインターネットへの攻撃はスマートホームオートメーション(Symantec)に焦点を当て、Internet of Thingsの攻撃は概念実証から主流のリスク(Sophos)に移行するICS / SCADAと現実世界のギャップ(Sophos);技術的多様性はIoE / IoTデバイスを大量攻撃から守りますが、処理するデータ(トレンドマイクロ)でも同じことは成り立ちません;ウェアラブルズの健康データ違反はFTCアクション(Forrester)

何か「もの」は何ですか?

重大なインフラにはセキュリティの改善が見られる(Neohapsis);重要なインフラストラクチャ(ダンバラ)の確保に重点を置いて、

Internet of Things、クエスト、クアルコム、4G LTEネットワーク、Internet of Things、スマートシティ計画のための英国標準を活用するためのオーストラリア政府、IoT LoRaWANネットワークがSydney、Cloud、Connected、雲の時代はより良いネットワークが必要

幸いなことに企業にとって、実用的なビジネス・インサイトを提供する可能性のある「ターゲットが豊富な」データは、EMCとIDCによって2014年の1.5%(0.066ZB、つまり6,600万テラバイト)の管理が可能と見積もられています。

シスコの大規模データ追跡プロジェクトであるGCI(Global Cloud Index)は、データセンターとクラウドベースのIPトラフィックに焦点を当て、2013年のデータ量を3.1ZB /年(従来のデータセンターでは1.5ZB、クラウドでは1.6ZBデータセンター)。 2018年までに、これは8.6ZBに上昇すると予測され、クラウドデータセンター(2.1ZB伝統、6.5ZBクラウド)で大部分の成長が起こります。シスコによれば、2018年のトラフィック(6.4ZB)の75%は、データセンター間で17%(1.5ZB)のデータセンターをユーザーに、そして8%(0.7 ZB)がデータセンター間を流れる(レプリケーションとデータベース間のリンク)。

しかし、驚くべきことに、人から人(P2P)、マシンツーパーソン(M2P)、およびマシンツーマシンを含むEverything(IoE)デバイスのインターネットによって生成されるデータ量のシスコの見積もりです(M2M)接続 – 2018:403ZB(推定データセンタートラフィックの47倍、データセンターとユーザー間の予測量の267倍)(詳細はシスコの予測と方法論のホワイトペーパーを参照)。サービスプロバイダーやモバイル事業者がIoTを真剣に受け止めているのも不思議ではありません。

IoTと大きなデータは明確に成長しており、ビジネスや日常生活の多くの分野を変革することになっています。しかし、どの特定の分野がIoT /大きなデータの混乱を最初に感じる可能性が高いのでしょうか? 「現在、IoT活動の50%以上が製造、輸送、スマートシティ、コンシューマ向けアプリケーションに集中していますが、5年以内にすべての業界がIoTイニシアティブを展開していきます」とIDCは述べています。

どのくらいの ‘大きな’データですか?

2014年のデジタルユニバースレポートでは、EMCとIDCがIoTが5つの主要分野で新しいビジネスチャンスを創出するのを見ています。このスライドにまとめられています

EMC / IDC

EMCのBill Schmarzoによれば、予測保守、ロス防止、資産活用、在庫追跡、災害計画と復旧、ダウンタイムの最小化、エネルギー使用などの特定のビジネスニーズに対応するため、IoTアプリケーションの新世代が求められています。デバイスパフォーマンスの有効性、ネットワークパフォーマンス管理、キャパシティ利用率、キャパシティプランニング、需要予測、価格最適化、歩留まり管理、ロードバランシングの最適化などがあります。

IoT /大規模なデータ革命のこれらの、そして他の根拠があれば、大きな経済価値があります。例えば、シスコは2013年に、Everything(IoE)のインターネットから期待される価値を評価し、民間部門で14.4兆ドル、公共部門で4.6兆ドルの研究を発表しました。

シスコでは、資産利用率(2.5兆ドル)、従業員生産性(2.5兆ドル)、サプライチェーンとロジスティクス(2.7兆ドル)、顧客エクスペリエンス(3.7兆ドル)、イノベーションの5つの主要分野、市場投入までの時間短縮(3.0兆ドル)などが含まれます。公共部門では、従業員の生産性(1.8兆ドル)、軍事防衛(1.5兆ドル)、コスト削減(7400億ドル)、市民経験(412億ドル)、収益の増加(125億ドル)が主な要因です。

いつものように、IoE / IoTに関しては、シスコの経済的価値の予測は楽観的な側面で誤っていますが、他のアナリストは一般的により保守的です。

IoT /ビッグデータネクサスが約束を果たす前に、克服すべきいくつかの障壁があります。主なものを以下に要約します。

IoT /大きなデータはどこに影響を与えますか?

広範なIoT /大きなデータ値配信の障壁

見通し

標準; IoTが機能するためには、デバイスとアプリケーションが有線または無線ネットワーク上で安全にデータを交換できるフレームワークが必要です。この分野の1人のプレイヤーはOneM2Mで、7つの標準化団体、5つのグローバルICTフォーラム、200社以上の企業(主に電気通信およびIT業界)を含む傘下の組織です。今年2月、OneM2Mは、要件、アーキテクチャー、API仕様、セキュリティソリューション、一般的な業界プロトコル(CoAP、MQTT、HTTPなど)へのマッピングをカバーするリリース1(Release 1)を発行しました。 M2Mとスマートグリッド標準の責任者であるOmar Elloumi博士は次のように述べています。「Release 1は、実績のあるプロトコルを利用して、業界全体のアプリケーションがこれまでにない方法で互いに通信できるようにします。 Alcatel-LucentとOneM2M Technical Plenary Chairの声明で発表されました。

OneM2Mは、その使命の背景を特徴付ける有用なホワイトペーパーを発表しました。「さまざまな業界やアプリケーション間での相互運用性の必要性から、業界固有のアプローチから、共通のプラットフォームを使用して、ヘルスケア、スマートメーター、緊急サービス、地方自治体のサービス、そして生態系の多くの他の利害関係者が含まれます。

驚くことではないが、IoT市場の範囲と潜在的価値を考えれば、アイデアを採り上げるために競争する他の多くの標準化団体がある。 AllSeen Alliance、GoogleのThe Physical Web、インダストリアルインターネットコンソーシアム、Open Interconnect Consortium、Threadなどがこれに含まれます。

英国政府のウォルポートレポートとアナリストの反応

セキュリティとプライバシー; IDCによると、「2年以内に全ITネットワークの90%がIoTベースのセキュリティ違反を受けるが、多くは「不便」とみなされる。最高情報セキュリティ責任者(CISO)は、新しいIoT方針を採択する。データ標準の進歩(上記参照)はここで役立ちますが、特に、医療や重要な国家インフラストラクチャのような分野では、セキュリティとプライバシーがIoTや大きなデータに大きな懸念をもたらすことは疑いありません。

IoTは、アナリストやその他の専門家によって発行された2015年の安全性予測において、当初は目立っていました。ここに選択肢があります

しかし、それはすべての運命と暗闇ではありません。 2人のコメンテーターは、2015年に重要インフラストラクチャの周辺でセキュリティを強化することを予見しました

サラミ攻撃の増加は、大規模なデータ宴会(Varonis Systems)で悪い味を残すだろう;マシン学習は、サイバー攻撃に対する戦いのゲームチェンジャーになるだろう、犯罪(シマンテック)、ビッグデータは悪人の流行語になります(ネオハプシス)。

OneM2Mが指摘しているように、IoTのセキュリティは複雑です。複数のステークホルダーがそれぞれ異なるニーズを持っているためです。「通信事業者の場合、セキュリティは可用性を確保すること、顧客組織にとってはデータ保護、M2MおよびIoTプロバイダM2MとIoTデバイスの種類が多岐にわたっており、それぞれの機能と展開シナリオの範囲によって、セキュリティはM2MとIoT業界にとってユニークな課題となっています」と述べています。

ネットワークとデータセンターのインフラストラクチャ:IoTデバイスによって生成される膨大な量のデータは、ネットワークとデータセンターのインフラストラクチャに大きな圧力をかけることになります。 IoTデータフローは、主にセンサからアプリケーションへのフローであり、アプリケーションのタイプに応じて連続とバーストの間の範囲になります

異なるM2M / IoTアプリケーションのトラフィックパターン; OneM2M / Alcatel-Lucent Bell Labs

ガートナーが指摘するように、IoTに関連するネットワーク接続とデータ量の大部分は、複数の「ミニデータセンター」が初期処理を実行し、WANリンクを介して中央サイトに転送される関連データを使用して、さらなる分析のために。これは、データセンターインフラストラクチャ管理(DCIM)ツールがますます重要になる、(必然的に選択的な)データバックアップ、ネットワーク帯域幅、データセンター容量計画のためのストレージに関する重大な問題を提示します。一方、シスコは、「フォグ・コンピューティング」という用語を使用して、ネットワークエッジでのデータ処理を記述し、IoTの機能となるロケーション・ベースおよび/またはネットワーク・レイテンシーの問題を回避します。

分析ツール:IoTで生成されたデータの量、速度、バラエティ(可変性)は、有用なビジネス・インサイトを生み出す分析ソリューションを選択または構築するのが容易ではありません。この問題を具体的に扱う最新のアナリストレポート(ABI Research)は、アナリティクスパイプライン(データ統合、データストレージ、コアアナリティクス、データプレゼンテーション)のさまざまな部分で動作するベンダーに関するセクションを含むIBM、Microsoft、Oracle、SAP、Software AGなどの「フルスタック」ベンダーとしての役割を果たしています。

スキル; IoTとビッグデータの交差点は多分野であり、企業が最大の価値を引き出すには特殊なスキルが必要です。利用可能なデータを尋ねられ、意思決定者に結果を提示する適切な質問をすることができるビジネスアナリスト、分析ツールの(急速に進化する)キャストを編成し、真実をキュレーションすることができるデータ科学者分析パイプラインに入るデータのまれに、ビジネス・アナリストとデータ・サイエンティストは、同じ(貴重な)人である可能性があります。

私たちはIoT /大規模なデータ革命の舞台に立っているかもしれませんが、Gartnerの誇大宣伝サイクルが合理的なモデルであれば、反発(幻滅のトラフとも呼ばれます)とリハビリテーション(啓蒙のスロープとも呼ばれます)と。データ・スタンダード、セキュリティとプライバシー、ネットワークとデータ・センターのインフラストラクチャー、適切な分析ツールの可用性、ビジネス・アナリシスとデータ・サイエンス・スキルへのアクセスなど、これらのツールから実行可能な洞察を抽出することができます。

さらに、Microsoftの最近発表されたHoloLensのような拡張現実のプラットフォームが成熟し、物理的およびIoT拡張環境の情報豊富なアマルガムの中で日常的に働いて遊ぶ世界を想像することは可能です。

2014年12月には、英国政府の科学顧問Sir Mark Walportが、第2回デジタル革命を最大限に活用したThe Internet of Thingsというレポートを出版しました。 CeBIT見本市での2014年3月のスピーチでDavid Cameronが依頼し、首相は「英国をG8の中で最もデジタル国家にする」という野心を宣言した。

報告書の重要な部分は、要約であり、明確かつ具体的な10の勧告

IoT /大手データマキナ・リサーチの主席アナリスト、ジェレミー・グリーン氏は、ウォルポート報告書に応えて、「政府が健全なIoTセクターの調整と促進に果たす役割を優れた分析で驚くほど強力な文書」と賞賛した。 Green氏は、この報告書を「事例研究の不安定さと部分的なセット」と批判し、「展開のデータベースを維持するためのより統合されたアプローチの範囲」と指摘した。しかし、マキナ・リサーチ全体は、「この報告書は広く読まれ、部門レベルで取り上げられなければならない」と感じている。

ドローンが4G LTEネットワークをどのように使用できるかをテストするクアルコム、AT&T

オーストラリア政府はスマート都市計画のために英国の基準を活用する

IoT LoRaWANネットワークはシドニーに住む

接続されたクラウド時代にはより良いネットワークが必要