Lenovo-U.S。国家安全保障理事会の監視下にある国務省のPC取引

米国務省に任命された米国中華人民共和国経済安保審査委員会(USCC)は、16,000台のThinkCentreデスクトップコンピュータを米国国務省に売却するためのレノボの1300万ドルの契約に正式な調査を開始したいと報じた。どうして?中国人はそれらを遠隔スパイに変えて、システム上に盗聴装置を植え付けることができる。

ハードウェア、レノボは、Microsoft OfficeとSkype、PCでAndroidを盛り上げる?Lenovoは1月17日の売上減の6%、モビリティ、Moto Z Force Droidエディションレビュー:Shatterproofディスプレイ、バッテリー持続時間、機能モジュール設計

IBMは昨年、中国の大手PCメーカー、レノボに130億ドルでPC事業を売却した。世界はフラットであり、経済はグローバルであり、レノボは現在、よく考えられているThinkPadブランドを持っています。国務省のシステムは、ノースカロライナとメキシコに建設され、世界の多くの場所からの部品があります。潜在的なスパイ脅威については、忘れてください。米国は、機械を検査し、レノボに費用を請求することができます。しかし、米国務省は、PCとLenovo、Dell、HPなどからのサポートサービスの違いが重要ではないことを考えると、米国系企業のシステムではなく、Lenovoをなぜ購入するのだろうか。これは公正取引の一部ですか?中国政府は米国経済を押し上げるためにDellシステムを購入していますか?そうは思わないでください…しかしここにキャッチがあります。政府との契約は、米国の大手ディストリビューターであり、PCシステムのインテグレーターであるCDW政府と提携し、Lenovoとの優先配信契約を結ばなければならない。議会は昨年、中国企業によるUnocal油の潜在的購入を決断したのと同じように、CDWにレノボを米国のベンダーと交換するよう強制しますか? news.comの「Silicon Money」の特別レポートによると、技術と政治はより緊密に結びついている – 過去6年間で約5億ドルの手数料を奪っている技術者たち。

Lenovo、2-in-1タブレット・ヨガ・ブック、ヨガ910コンバーチブル・ラップトップを搭載したPCを提供

Lenovo、Microsoft OfficeとSkypeでAndroidを盛り上げる

?レノボは、1Q17の6%の減収

Moto Z Force Droidエディションレビュー:飛散防止表示、バッテリー持続、機能モジュール設計