ソニー、イスラエルのチップメーカー、アルテアを2億2000万ドルで買収

ソニーは、イスラエルのチップメーカーAltair Semiconductorを2億1,200万ドルで買収すると発表した。

今回の買収は、ソニーがインターネット・オブ・ソー(Internet of Things)センサのチップ技術に注力する準備を整えることになる。

テキサスインスツルメンツの元経営幹部が2005年に設立したAltairは、セキュリティアラームやパワーメータなどの小型デバイスがWebに接続できるようにするモデムチップ技術を開発しています。

ソニーは、Altairのチップセットとそのセンシング技術およびイメージセンサーを組み合わせて、新しい携帯電話接続のセンシングコンポーネントデバイスを開発することを目指しています。

「ますます多くの「もの」にセルラチップセットが搭載され、クラウドコンピューティングのパワーを活用するネットワークサービスに「物事」が確実かつ安全にアクセスできる接続環境を実現することが期待されている」と述べた。ステートメント。

イメージセンサー、ビデオゲーム、映画の成長を促進するために、近年消費者のエレクトロニクスからソニーを離れる動きをしてきました。

10月には、東芝のイメージセンサー事業を強力に推進するため、東芝のイメージセンサー事業を取り上げました。今回の提携により、ソニー東芝のセンサ製造工場(大分、日本)と、東芝の1,1000人のエンジニアリングおよび設計スタッフが工場に持ち込まれました。

アルテアの買収は来月初めに終了する見込みで、ソニーは2016年の業績に重要な影響を及ぼさないと述べている。

ドローンが4G LTEネットワークをどのように使用できるかをテストするクアルコム、AT&T

オーストラリア政府はスマート都市計画のために英国の基準を活用する

IoT LoRaWANネットワークはシドニーに住む

接続されたクラウド時代にはより良いネットワークが必要

Star Trek:50年にわたる積極的な未来主義と大胆な社会的解説、MicrosoftのSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェアの発売を見出し、iPhone 7、新しいApple Watch、AirPodを手がけ、GoogleはApigeeを6億2,500万ドルで買収

Internet of Things、クエスト、クアルコム、4G LTEネットワーク、Internet of Things、スマートシティ計画のための英国標準を活用するためのオーストラリア政府、IoT LoRaWANネットワークがSydney、Cloud、Connected、雲の時代はより良いネットワークが必要