Plantronics Voyager 5200 UC、First Take:高品質Bluetoothヘッドセットレビュー

Plantronicsはしばらくの間、ワイヤレスヘッドセットを成功させてきました。私はきれいになり、私は長年のユーザーだと言います。他のブランドも出てきましたが、私はいつもPlantronicsヘッドセットで終わっているようです。そこで、同社の新しいVoyager 5200 UCは、私の机の上に着陸したときに自然に興味をそそられました。

これは、オーバーイヤー・フィッティングのワン・イヤー・デバイスです。眼鏡の着用者としては少し不快なものがありますが、ここで問題はありませんでした。実際には、私はしばしば机を離れるときにヘッドセットを取り外すのを忘れていました(自分自身に注意してください:この種のキットを着用している店にポップするのは良いことではありません!しかし、それはヘッドセットを手に入れるために何か苦労している – 私は仕事を完了するために2本の手が必要でした。

私のように、耳の中の芽が少し滑ることがあるならば、ボイジャーの柔軟性のあるゴム状の錐体に感謝します – 3つの異なるサイズの芽が提供されます。マイク部分は耳のフィッティングと同様に約180度回転するので、左右の耳の両方に機能します。

BluetoothとNFCによるペアリングは簡単でした。他のPlantronics Bluetoothドングルと同様に、この接続には接続時に青色のストリップライトが付いています。それは本当に刺激的ですが、バッテリー寿命を節約するためにそれを終えたら、ヘッドセットをオフにすることを少なくとも思い出させました。

私のラップトップでNuanceのDragon Professionalを使用するためにVoyager 5200 UCをセットアップするのに10分かかりました。私はまた、ヘッドセットを私の電話機とペアにして、音声通話をとっていました。連絡先の書籍にアクセスできるようにすると、誰が電話しているのかをアナウンスし、「回答するか無視するか」を尋ねます。 「無視」と言って、その通話は辞退します。私は、不要な発信者を取り除くためにすべての重要なタスクを一瞥する必要はほとんどありませんでした。同じタスクを完了するために電話を操作するよりはるかに簡単です。

コールの反対側にいる人は私の声が本当に明確で、以前の経験から、PlantronicsのWindSmartノイズキャンセルシステムは非常に良いことを示唆しています。マイクにはミュートボタンがあり、発言者はあなたが言うすべてを聞く必要はなく、耳の上の2つの小さなボタンは音量調整を容易にします。私はドラゴンへのディクテーションの品質に問題はなかったので、おそらくそれは私を大声で明瞭に聞いた。

Voyager 5200 UCのポータブル充電ケース(ドッキングスタンドが内蔵されています)は、14時間の追加料金が請求されます。

バッテリーの寿命はあまり良くありません。 Plantronicsによると、このヘッドセットは最大7時間で出荷されていますが、現実の世界のヘッドセットよりも少なくなる可能性があります。確かに、私は数日おきに請求する必要があると感じました。幸いにも、私はハードシェルの充電ケースアクセサリーを送った。これにより、14時間(Plantronicsの計算による)の追加時間が提供され、ヘッドセットの持ち運びが必要な人に最適です。それは、(少し大きい)Bluetoothドングルとケースが閉じられたときに使用できる少し統合された充電スタンドのためのスロットを持っています。私はイギリスの価格を追跡することはできませんでしたが、米国では約40ドルです。

価格設定について言えば、Plantronics Voyager 5200-ucは£114(付加価値税)でかなり高価に見えるかもしれません。これは、最小または最も控えめなデバイスではなく、バッテリ寿命も向上する可能性がありますが、モバイルとデスクトップワイヤレス音声通信を1つのデバイスに混在させたい場合は、この高品質のヘッドセットを見てください。

レビューを読む

Galaxy Note 7レビュー:サムスンはスマートフォンの完成度をほぼ達成しています; Office 365のMicrosoft Planner、First Take:便利になるように整える、レビュー:iPass Wi、Garmin VIRB Ultra 30アクションカメラハンズオン:音声コントロール、GPS、タッチスクリーンなど-Fiサービス(外出先での接続用)(elaptopcomputer.com); LG G Pad X 8.0 review

Microsoft Sprightly、First Take:スマートフォンに魅力的なコンテンツを作成する

Xplore Xslate D10、First Take:挑戦的な環境のための厳しいAndroidタブレット

Kobo Aura ONE、First Take:8GBの大容量電子書籍リーダー

Getac S410、First Take:タフで屋外にも快適な14インチノートパソコン

Plantronics Voyager 5200 UC