SAPは食品デジタル化、ビッグデータ会社であるVivandaに投資します

SAPは、食糧をデジタル化しパーソナライズするために大きなデータと分析技術を使用することを目指している企業Vivandaに投資していると語った。

SAPの動きは、食料および消費財業界をターゲットとするための別の投資のように見えます。しかし、SAPは、この非公開投資により、VivandaとFlavorPrint技術をより緊密に連携させることができ、個別の食品や飲料の推奨を提供すると述べた。

SAPにとって、Vivandaとの契約は、HANA技術を活用する方法です。 Vivandaは、API、コンサルティング、および分析サービスのために、より多くの消費財商品会社に連絡する大きなパートナーを獲得しています。

興味深いのは、Vivandaがどのように食品および消費者パッケージ商品業界の改革を目指しているかです。 Vivandaは、研究、科学、食品の選択肢を切り詰めるアルゴリズムを備えた予測的な食糧パーソナライゼーションサービスとシステムを提供しています。 FlavorPrintは、食品とフレーバーのゲノム、16,000種類のアロマケミカル、33種類のフレーバー、17種類のテクスチャ、栄養と成分をマッピングします。

FlavorPrintとVivandaが提供する分析の一部を紹介します。

VivandaのFlavorPrintモデルの仕組み

IBMはワトソンとシェフとのコラボレーションを行っています。ビバンダのアプローチは大量のデータを大量に取ることを目指しています。 See:シェフや食べ物にとって、大きなデータは新しい秘密の原料かもしれない

おそらく、SAPはビバンダを活用してHANAのコア産業をより適切にターゲットにすることができますが、たとえその成果が出てこないとしても、食品科学と味のデジタル化は面白いベンチャー企業です。

LinkedInが新しいブログプラットフォームを発表

これはBig OLAPの時代ですか?

DataRobotは、データサイエンスの果実を自動化することを目指しています

MapRの創設者John Schroederが辞任し、COOが辞任

シェフと食べ物のために大きなデータが新しい秘密の原料かもしれない; IBMのシェフ・ワトソンがボン・アペリティの食べ物のお気に入りと大きなデータをミキシングするQ&A:10年後に接続されたキッチンのためのイケアの青写真、Bite Silicon Valley:ChefJet Pro

Vivandaは食品の属性を特定し、それを消費者の嗜好プロファイル、製品、皿、レシピ、飲料にモデル化します;会社は次に「印刷」というプロセスを展開してFlavorPrintを人物または食品に割り当てるアルゴリズムを使用します。 FlavorPrintはUPCコードや指紋と似ています;機械学習によって食べ物の質感やフレーバーが調整されます;顧客はさまざまな人口統計にどのような傾向があり、エンゲージメントがどのように見えるかを分析することができます。企業は食料や食べる経験を市場に出すことができます。

ビッグデータ分析、Big Data Analytics、DataRobotはデータサイエンスの欠点を自動化することを目指している、Big Data Analytics、MapR創設者のJohn Schroederが辞任し、交換するCOO

食品と技術