Oracleの第1四半期の利益:利益が上がり、売上高は821億ドル

エンタープライズ・テクノロジの大手オラクルは、第1・四半期の1株当たり利益が53セント、売上高は82億1000万ドルと発表した。アナリストの株価見通しは一致しているが、収益予想は84億2000万ドルに満たない。

売上高の減少にもかかわらず、GAAPベースでの同社の純利益は8月に終了した四半期に増加している。営業時間外取引では株式は約2%減少した。

ここで数字を見てみましょう

同社は、米ドルが外貨に対して強化されていなければ、利益はより高くなるだろうと語った。

Safra Catz CFOは、「Q1の営業キャッシュフローは過去最高の57億ドルに達した」と述べた。

同社の取締役会は、10月12日に事業終了時に支払われる、発行済普通株式の1株当たり0.06ドルの四半期の現金配当を宣言した。

Mark Hurd社長は、「Exadata、Exalogic、Exalytics、その他のエンジニアリングシステムは、当四半期に100%以上の成長を遂げました」と述べています。オラクルの新しいクラウド・ビジネスもまた、年間10億ドルの稼働率に近づいています。これらの2つのビジネスは、今後数年間、Oracleの成長を促進します。

同社は、OpenWorldカンファレンスでクラウドサービスの強化を発表する予定で、わずか1週間以上かかると語った。これには、サービスとしてのCRM、ERP、HCMアプリケーション、追加のデータベース、Javaおよびソーシャルネットワークプラットフォームサービスが含まれます。

以前は、OracleのQ1:Fusion Appのアップグレードサイクルが醸造されていますか?

また、OracleはSelectMinds買収によりクラウドのHRアプリ・ポートフォリオを強化

オラクル、クラウドベースの倉庫管理用のLogFireを取得

Oracle OpenWorldに目を向けよう

ソフトウェア・ライセンスの更新と製品サポート収益(GAAP)は3%増の41億ドル、ハードウェア・システム製品の売上高(GAAP)は24億ドル(前年同期は779百万ドル、営業利益(GAAP)は7%増の29億ドル、営業利益率(GAAP)は35%、純利益(GAAP)は11%増の20億ドル、1株当たり利益(GAAP)は0.41ドルで前年比15%増、営業利益トレーディング12ヶ月ベースのキャッシュ・フロー(GAAP)は140億ドルで、前年同期比9%増でした

オラクルのデータベース12c R2:ブーム、バスト、またはmehアップグレードサイクル

「Oracle NetSuiteの合併中に利益を得ることを目指す中期的な市場の勢いを掴む

ビッグデータ分析、Oracleは、クラウドベースの倉庫管理用のLogFire、エンタープライズソフトウェア、アイ・オブ・オアアール・オープンワールド:エンタープライズソフトウェア、エンタープライズソフトウェア、オラクルデータベース12c R2:ブーム、バスト、またはメジャーアップグレードサイクル、クラウド、市場の勢いは、Oracle-NetSuiteの合併中に獲得することを目指す