NBN CoのCEO、ブロードバンド研究のための水をテスト

NBNのCEO Mike Quigley氏は、ブロードバンドブロードバンドネットワーク(NBN)プロジェクトの「真剣な議論」となったことを伝えるために、オーストラリアでのさまざまなブロードバンド展開の可能性について、Communications Allianceが主導した調査の支援を表明しました。

シドニーで開催された米商工会議所の昼食会で、広範囲に渡って行われたスピーチで、Quigleyは、2013年の連邦議会選挙に先立って現在公開されているさまざまな技術の長所と短所を説明した。 (FttP)、ノードへのファイバ(FttN)、ハイブリッドファイバ同軸(HFC)、固定無線、及び衛星のような、

同代表は、オーストラリアで通信インフラストラクチャを提供するための最善の技術的手法について議論していることは良いことだと述べた。彼は、このような議論は、業界団体であるCommunications Allianceによって導かれなければならないと述べ、NBN Coは数多くの他の電気通信会社と協議している。

「電気通信業界自体は、政策選択とこの業界とその顧客への影響に貴重なコンテキストを提供する独特の立場にある」と彼は語った。

この理由から、NBN Coは、コミュニケーション・アライアンスが様々な政策や技術の選択肢の潜在的な長所と短所、そして将来のナショナル・ブロードバンド・ネットワークへの影響を考慮している研究を歓迎しサポートします。

Quigleyは、数週間前にアイデアを持ってComms Allianceに近づいてきたこと、そしてそれがまだ検討中であるという事件の後、ジャーナリストに語った。

「業界が話している大きな決定を下すことは非常に重要です。

私はそれが遅すぎるとは言いません。選ばれた政府の決定は、今後50、60、70年の将来のネットワークを構築することです。それが今議論されており、深刻な議論であるという事実は、それが本当に深刻な議論であれば…それが産業界がそれを促進する時期だと思う。

Quigleyは、このような研究が今後数カ月以内に完了すると期待していると述べた。

私は、テーブル上の問題を透明かつオープンな方法で得ることができると思います」と述べました。「決定は良いデータと事実に基づいて行われます。

しかし、オーストラリアの第2位の通信会社であるコムス・アライアンスのメンバーであるオプトス(Optus)は、同社の企業規制担当副社長デイビッド・エプスタインが、さまざまな技術を議論するためには個々の企業に任せなければならないとしている。

Optusは、さまざまなブロードバンド技術に関する一般的な議論が、個々の企業がComms Allianceのレビューではなく貢献することが最善であると考えている」と述べた。

多くの場所でFttNの展開を支持しているシャーロット通信大臣Malcolm Turnbullは、オーストラリアにとって最高の技術を決定するための正式な費用便益分析を行わないという政府を頻繁に批判しています。 Comms Allianceは、この調査が徹底的な費用便益分析であるかどうかを示していないが、NBN Coが調査に利用可能なすべての財務情報を提供すると述べた。

1つは、実際には商業的に機密性の高い情報、つまり契約を結んでいるか、2年後には知っていることですが、私たちは契約を更新し、その特定の契約のコストは、パブリックドメインに入れると、交渉を率直に害するでしょう。あるいは、私たちはまだ十分なサンプルサイズを持っていません。これが私たちが企業計画で持っていたことだと言うことができます、これは今私たちがやっていることに基づいて経験しているものです。

NBN Coはまた、その見通しを知らせるだろう。 Quigleyは、例えば、NBN CoはTelstraの銅アクセスネットワークを買収することを検討していなかったとジャーナリストに語った。第三者プロバイダーとして入り、Telstraの既存のネットワークを分離することは難しいからだ。

「これが、こうした問題について業界が必要な理由です。

ただ、「銅を買いましょう」と言うことはできません。それは簡単ではない。それは難しいです。

TurnbullはQuigleyと会うための公式な招待状を持っていますが、影の大臣は政府の企業の従業員と話すための議定書に従い、大臣を通じて会議を組織しなければなりません。 Quigleyは、NBN共同議会委員会の外で、彼はTurnbullとは会っていないが、彼はそのような会合には開いていると述べた。

「私たちと話したい人と話し合う」と彼は語った。

Chorus、ニュージーランドのギガビットスピードブロードバンドを発表

NBNはオーストラリアを「指導的地位」に置く:Bill Morrow

TelstraはSDNリシリングによる120の自発的冗長化を求める

ACCCは、OTT、NBN、モバイルデータの競争効果に関する提出を求める