シマンテックのレポート:多くの従業員は企業データを盗んでも問題ありません

シマンテックでは、世界的なアンケート調査でいくつかの新しい数字を発表しています。

シマンテックのレポート「What’s Yours Is Mine:従業員が知的財産をどのようにリスクにさらしているか」のレポートによれば、結論として、ほとんどの従業員は企業データのセキュリティについて心配していません。 。

ここにいくつかの詳細があります

ここでの問題の1つは、単に意識の欠如かもしれません。

例えば、研究者は、「仕事用文書をパーソナルコンピュータ、タブレット、スマートフォン、またはオンラインファイル共有アプリケーションに転送することは容認できる」と62%の従業員が考えていました。シマンテックは、「データを削除しても大したことはない」と付け加えた。

これは、おそらくBYOD(自分のデバイスを持ってくる)に変換し、他のデバイスを他の時間に仕事関連の目的で使用する可能性があります。

したがって、職場のソーシャルメディアやパーソナルデバイスを取り巻くセキュリティ問題のように、これらの懸念を少しでも払拭するには、少しでも教育が必要です。

より多くのITポリシーの教育とトレーニングに加えて、シマンテック社はIPの使用状況を監視するためのデータ保護ポリシーを実施することと、従業員に非公開契約に署名するよう要求することを提案しました。

参考までに、ポノンモン研究所が10月に実施した調査では、米国、英国、フランス、ブラジル、中国、韓国の6カ国で3,317人が調査された。

シマンテック経由の画像

セキュリティの基礎を再考する:FUDを超えて移動する方法

M2M市場はブラジルに戻ってくる

FBIは、米国の政府関係者をハッキングしたとの態度で、Crackasのメンバーを逮捕した

WordPressは、重要なセキュリティホールを修正するために今アップデートするようユーザに促す

昨年退職した従業員の50%は機密情報を保持しており、40%が新しい仕事でそのコンテンツを使用することを認めており、従業員の56%は犯罪ではないと信じている競合他社の営業秘密情報を使用する、44%は会社のソースコードを開発するソフトウェア開発者が自分の仕事や発明にある程度の所有権を持っていると考えている; 42%は、他の企業のプロジェクトでは、許可を得ています。

セキュリティ:FBIがFUDを超えてどのように移行するか、イノベーション、M2M市場がブラジルに戻ってくる、セキュリティ、FBIがCrackasのメンバーを逮捕、米国の政府関係者をハッキングした姿勢、セキュリティ、Wordpress重要なセキュリティホールを修正するようになりました