所有権問題が中国のMessenger-Skype合併を妨げる

MicrosoftはMessengerとSkypeのサービスを中国に統合しようとすれば、所有権のハードルを克服しなければならない。

中国のニュースサイトSina Techは、MicrosoftがMessengerとSkypeを所有しているが、中国の現地企業と合弁で2つのサービスを提供していると報じた。この2つのサービスを統合し、Messengerを中国から撤退させる予定があれば、両社の構造が複雑になる可能性があるという。

マイクロソフト社が所有するスカイプは、水曜日の午後のブログ記事で、メッセンジャーは2013年第1四半期に退職する予定だが、中国本土では使用されないという。しかし、ポストはなぜ中国が放置されたのか説明しなかった。

2004年、Skypeは、TOM Onlineの助けを借りて地方自治体の規制を遵守するために、中国でソフトウェアの修正版をリリースしました。 1年後、両社はTOM Onlineとの合弁事業に参入し、大部分の株式51%を保有していた。

しかし、今年7月には、米国のVoIPサービスプロバイダーとの契約を更新できなかったため、TOM OnlineがSkypeのローカル運営権を失うことが報告された。

メッセンジャーについては、インスタントメッセージングサービスは上海MSNネットワークコミュニケーションテクノロジーカンパニー(MSN China)としてローカルで知られています。 MSN Chinaは、マイクロソフトと上海アライアンス投資の合弁会社で、2005年5月に結成されました。

MicrosoftがSkypeとMessengerを統合することに決めたら、両方の中国企業の構造を調整しなければならない、とSina Techは報告している。

中国のハイテクニュースサイトtech.ifeng.comの別の報道によると、スカイプ – メッセンジャーの合併が中国に影響を与えないため、MSN ChinaのゼネラルマネージャーLiu Zhenyuは同社にレイオフはない、と述べた。

Chorus、ニュージーランドのギガビットスピードブロードバンドを発表

テルストラ、エリクソン、ライブ4Gネットワ​​ークテストで1Gbpsの総合速度を達成

サムスンとTモバイルが5Gトライアルで協力

マイケル・デルがEMCとの契約を締結した。「数十年後には、

Telco、Telstra、Ericsson、ライブ4Gネットワ​​ークテストで1Gbpsの総合速度を達成、通信事業者、SamsungとT-Mobileが5G試験で共同作業、Cloud、Michael DellがEMC契約を締結しました: 「私たちは数十年間で考えることができます