Oracle CXとSAS GBF:変化の激しい製品中心の企業

次の2つの投稿は私の基準ではありません。彼らは短いです。私は短い記事を読むことができるかどうかを少しでも試していますが、同時に私の思考のいくつかがデジタルペーパーに落とされています。キッド。私が冗談を言っていることは覚えていませんが。

それで、アナウンスメントを読んでからポストを読んでください – 彼らは関連しています – あなたが短いポストに価値のあるものがあると思っているかどうかを見てください。あなたがしなければ、私は悪い気分にならないでしょう。もしあなたがそうしたら、私は感謝します。

私はOracle CXとSASのグローバル・フォーラムに関する考えをこのポストで短期間で見ることができますが、会議についての記事を一時中断します。私はこれらのイベントを計画した人に利用可能なイベントスコアカードを持っています(SASとOracle、私に尋ねてみてください。私は最初に招待状で私を敬うことに感謝しています)。私は間違いなく1つ、場合によっては2つの例外を含むカバレッジを中断しています。明確なのはCallidus CloudのC3です(私は昨年彼らを逃して、これに借りていました)。可能なのは、SAPのSAPPHIRE(来週のオーランド)です。まだ分​​からない。最小限のSAPでは未知の長さのレビューを得る予定です。他のものまで、私はうまくいけばそれを後で取り上げるつもりですが、今はウォッチリストのすべてのレビューを書くことに集中し、自分の本「コモンウェルスの自己利益」を書くことに集中する必要があります。それは、このようなポストでの会議のいくつかの短い部分を期待しています。

SAS Global Business Forum 2016とOracle CX 2016カンファレンスでは、非常によく似たものがありました。両方ともお互いに数週間以内に起こった。それはここにもそこにはない。しかし、重要なことは、どちらも、変化を試みている製品中心の企業であり、その変化の激しさにあるということです。

私はこれらのことに魅了されます、多分私はあるべきではありません。私は社会学的な帽子をかぶっていますが、明らかに、私は社会学者でも文化人類学者でもないと主張していますが、両方の企業が両方の分野の専門家によって勉強する価値があるほど重要です。私が言っていることは、厳密には素人の観察です。

軽く言えば、これは創業者によって強く支配された2つの企業であり、どちらも技術史上最も著名な技術名の一つです。ラリー・エリソン(オラクル)とジェームス・グッドナイト(SAS)の両氏は技術的な面もあるし、それも非常に軽度だ。彼らはコードで楽しんで、比喩的にも文字通りにもそれを示すことを愛する人々です。しかし、ビジネスのやり方を変えた21世紀の通信革命のニーズを満たすためには、企業の変革が必要であり、それをどのように処理しようとしているのかを知っています。

幸運なことに、両社は優れたミドルマネジメント層(シニアディレクター、VP、SVPなど)を持っています。シニアレベルの本当に明るい人で、変更の必要性を知っているだけでなく、実行準備も整っています。アナリストのすべてのタイプがおそらく不健康な理由で言うように、両者とも「会話に関連している」ものです。

両社は、ビジネス変革、さらに重要なこととして、顧客の期待と需要の変化を認識していることを示しています。彼らはそのようなニーズに全力で取り組んでいます。たとえば、SASはIoTのアナリティクスを発表しました。これはIoTデバイスのセンサ駆動データを理解するためのものです。オラクルは、エンタープライズ・レディ、販売、サプライ・チェーンなど、これまでに見た中で最も優れたモバイル・アプリケーションの1つを、バックエンドのアナリティクスと完全に統合して展示しました。それは機能/機能そのものではなく、使用中である。

したがって、両社は現代のエンタープライズ顧客のニーズに合わせて調整された製品を提供していたか、まもなく発売される予定です。両社とも、ユーザーインターフェイスの主要な変更点を示しています。この時点でテーブルの賭け金を更新するだけでなく、見直しを行うだけでなく、何千万もの人員が管理職として採用されるようになっています。オラクル社のアナリスト、ビニー・ミルチャンダニ氏の記事によれば、オラクル社は、同社の38%が現在、Gen Y(オラクルのCEO、Mark Hurdの主張)であることに何千年も従事している。

これらの製品は、インテントと実行の両方で非常に強力だったようです。私はSASのメインステージで、アナリストの日にOracle CXでブリーフィングを行いました。両社は、現代のビジネスニーズとアウトカムを念頭に置いて、これらの製品を明確に構築しました。しかし、物語はここで少し落ち始める。

問題は、焦点がまだ製品、製品、製品であったことです。基調講演でSASが製品に直接参加しました。 Oracle CXはアナリストの1日の討論で製品に直接参加しました。両方のケースで欠けていたものは、これらの製品を作った理由を特定するのに必要なビジョンでした。彼らはビジョンを持っていると仮定しなければなりません。あるいは、彼らがリリースした製品を開発することができなかったでしょう。しかし残念ながら、どちらの会社もそのビジョンを明らかにしていませんでした。深く顧客中心の文化ではないにしても、製品中心のものから少なくとも世界のアウトカムに基づくものへの見通しを変更しようとしているという一般的な示唆はありませんでした。

皮肉なことに、SASは、少なくとも過去20年間、この種のリストのすべてでトップ10から20までの場所で働いていた、世界最高の従業員文化とプログラムの1つを持っています。しかし、両社が独自の方法で新たな強力な顧客需要の影響を強く受けており、過去を支配していた純粋な製品中心の技術モデルから新しいものへと移行しつつあることは明白でした。それぞれの会社が独自のペースで独自の文化を持っていることで、ある程度「新しい」ものが見られることはまだ残っていますが、製品中心のものではなく、より現代的なものになるでしょう。この2つの時代遅れの企業では、中規模の経営幹部のうち、

私が深く掘り下げていくと、私はより深く報告することができます。より深い分析のために今年後半に来る各CRM Watchlist 2016のレビューをご覧ください。両社はウォッチリストに勝利するような影響を与えており、潜在的に年を重ねる可能性があります。しかし、両者は、過去数ヶ月にわたって続いてきた力を引き続き維持するためには、これらの移行を成功させる必要があります。

Star Trek:50年にわたる積極的な未来主義と大胆な社会的解説、MicrosoftのSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェアの発売を見出し、iPhone 7、新しいApple Watch、AirPodを手がけ、GoogleはApigeeを6億2,500万ドルで買収

最後に、自分の会議を個別にカバーしていないことについて、それぞれに謝ります。私は彼らが私を招待するのに十分な気がして、私はそれが気づかれないように望んでいることを光栄に思います。しかし、それでもこれらの重要な変更を行う必要性を是正しているわけではありません。私は今黙れます。これで少なくとも。

?TechnologyOneは農業に6.2百万豪ドルを調印

今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか?

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

エンタープライズソフトウェア、?TechnologyOneは、農業、共同作業、現在のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか? HPEはLinuxディストリビューション、Enterpriseソフトウェア、Appleが9月13日にiOS 10をリリース、macOS Sierraを9月20日にリリース

Oracle CX 2016およびSAS Global Forum 2016

Appleは9月13日にiOS 10を、MacOS Sierraは9月20日にAppleをリリースする