ノキアは、租税紛争、製造業の中国への移転の脅威にもかかわらず、インドを離れることはないと述べている

両国の税務当局は、ノキアのインディアン事業がフィンランドの親会社に支払ったロイヤルティに対して税額200億ルピーの税金を支払っているかどうかを分類する義務がある。

インドは、インド政府との継続的な租税争議のおかげで、「最も恵まれない」国家になるかもしれないが、ノキアはそれが引き続き国に委ねられていると述べている。

ノキアがインド政府に送った書簡で、今週発表されたのは6月で、同社はインドの製造施設を捨て、インド政府の税金請求やその他の多国籍企業が「インディアンエクスプレスによれば、インドのビジネス環境の予測可能性と確実性に無視できないほど大きな影響を与えている。

この手紙は、200億ルピーの税金控除、インド当局がノキアから要求した、3月の冒頭での最新の歪曲である。

同紙によると、ノキアとタミル・ナードゥ州政府が昨年署名した覚書(MoU)は、チェンナイの工場で製造され、インドで販売されている携帯電話に4%のVATを払い戻したことを意味するはずだった。

しかし、ノキアは手紙で、MoUに沿った政府秩序の発行に失敗したが、これがなければ、中国のインド市場向けに携帯電話を製造する方がコスト効率が向上している。

ノキアは声明で、政府と協議しているが、政府秩序を確保した上でインドにコミットしていることを確認した。

「ノキアは、インドのビジネス環境をより明確にする方法について、中央政府および州政府と話し合ってきたことを確認することができる。これらの議論は建設的で生産的であり、両者は真の協力精神これはタミル・ナードゥ州政府の最近の政府令の発行である」とノキアは声明で述べている。

ノキアはインドに尽力しています。この国は私たちの優先市場であり、チェンナイはグローバルな製造戦略に不可欠な要素です。現在までに、ノキアはチェンナイの製造業に2億8500万ドルを投資し、数万人の住民に直接的および間接的な利益を提供してきました。

マイクロソフト社のSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェア発売を表明

Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面に最適な背景を作成する

?Google、MicrosoftのEdgeバッテリーの主張を反駁:Chrome on Surface

Azure、Office 365:Microsoftの2つの新しいクラウド領域がデータプライバシーの問題に取り組んでいます

Windows 10:MicrosoftのSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェアの登場、Windows 10、Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面、モビリティ、MicrosoftのEdge電池の主張:Chrome on Surfaceより長い、クラウド、Azure、Office 365:マイクロソフトの2つの新しいクラウド地域がデータプライバシーの問題に取り組む