Tech Mahindra Q2がSatyamの合併からの後押しを得る

Tech Mahindraは米国と欧州で強く牽引し、第2四半期の業績を引き上げました。マヒンドラ・サティヤムとの最近の合併によっても解消されました。

オフショアアウトソーシングは、技術管理がますます自動化されるにつれて、魅力を失うことがあります。

9月までの3ヶ月間の連結純利益は、ブロードバンド成長に支えられて71.8億ルピア(58百万米ドル)の純利益で58%増加した。声明によると、連結売上高は35.4%増の477億ルピー(7億5200万ドル)となった。

減価償却費を計上する前の営業利益率も、コストの低下とともに改善しました。マージンは前四半期比220ベーシスポイント上昇して23.2%になりました; Tech Mahindraは過去数四半期に最大のクライアントBTへの依存度を徐々に下げています。 Satyamの比較的多様化したサービスポートフォリオの統合が成功すれば、より健全なバランスシートを保持することができました。連結借入金は、前四半期から33億ルピー(52.5百万米ドル)に半減しました。

「デジタルワールドは成長の次の段階であり、私たちはその波に乗る準備ができています。私たちのソリューションがもたらす業界のベストプラクティスと強みを生かし、次世代の消費者のニーズに合致しています」Vineet Nayyar 、Tech Mahindraのエグゼクティブバイスチェアマン。

6月にはTech Mahindraが合併を完了し、Satyamはインド第5位のITサービスプロバイダーになる予定です。

M2M市場はブラジルに戻ってくる

今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか?

CIOには誰が影響しますか?ここではトップ20です

ANZ銀行、技術エグゼクティブデッキをシャッフル

革新、?M2M市場がブラジルに戻り、コラボレーション、今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何か、CXO、CIOには誰が影響を与えるのか?トップ20はCXO、エグゼクティブデッキをシャッフルするANZ Bank